脱毛サロンはSSC脱毛とIPL脱毛が主流

脱毛サロンで採用されていることが多い脱毛方法にフラッシュ脱毛があります。

カメラのフラッシュがパッと光るのと同じように、毛の黒い部分に反応する特殊な光を照射することで脱毛効果が期待できるものです。

脱毛サロンによってはSSC脱毛、IPL脱毛と呼ばれることがありますが、基本的にはどちらもフラッシュ脱毛と呼ばれるものです。

SSC脱毛とIPL脱毛はどちらも特殊な光(フラッシュ)を利用して処理を行います。
具体的な違いはSSC脱毛は施術前に塗布するジェルに制毛効果が期待できる成分が含まれており、光を照射することでより浸透しやすくします。

更に光の特殊な相乗効果で脱毛効果を得ることができるものです。

実際にムダ毛が気にならなくなるまでには時間がかかりますが、痛みがほとんど感じられないことと、肌に与えるダメージがほとんどないことも大きなメリットとなります。

IPL脱毛の場合はクセノンランプによる特殊な光を照射することでメラニン色素に反応して毛乳頭の成長を抑えて脱毛効果を得ることができます。

レーザー脱毛に近い脱毛効果が期待できると言われていますが、威力が弱いため若干時間がかかるものの肌に与えるダメージも少ないので安心して使用できるというメリットがあります。
IPL脱毛は脱毛効果の他にも肌を活性化させる美肌効果も期待することができると言われていますので、ツルツルの素肌とともにきめ細かい若々しい素肌を目指すことも期待できます。
若干痛みを感じることがあり、ジェルを塗布してから行うSSC脱毛よりも痛みが感じやすいとも言われています。

このように基本的にはSSC脱毛とIPL脱毛の効果や痛みについては大差がないと考えることができます。
どちらかというとIPL脱毛の方が効果を感じやすく、痛みも感じやすいという認識が一般的ですが、人によっては逆に感じられる場合もあります。

どちらを選ぶべきなのか迷ってしまうという場合は、両方でカウンセリングを受けてみて自分に合うと直感した方を検討してみてはいかがでしょうか。

無痛のハイパースキン脱毛も登場

ハイパースキン脱毛とは従来の脱毛法とは若干異なる観点で行われる施術方法です。

脱毛サロンで採用されていることが多いフラッシュ(光、IPL、SSCなど)脱毛の場合は、毛乳頭に作用することで毛が再生しないように働きかけるもので、今生えている毛に対して作用するものでした。

光を照射する時に一瞬熱を発することになりますので、多少痛みを生じる可能性が高く場合によっては火傷を負ってしまう可能性もあります。

ハイパースキン脱毛の場合は毛が自然に抜け落ちて再び新しい毛が再生する前の段階の休止期にある毛穴に存在する毛の種(発毛因子)に作用することで新たな発毛を予防するという抑毛効果が期待できる方法となります。

私達の毛は一定の周期で脱毛から発毛、成長、退行という流れをたどりまた自然に脱毛しています。

この生え変わりのサイクルを毛周期と呼んでいますが、ハイパースキン脱毛はこれから新たに発毛しようとしている段階の発毛因子にだけ作用させる画期的な方法となっています。

発毛因子に作用するために特殊な光を照射しますが、従来のフラッシュ脱毛と比べると発せられる温度が全く違います。

フラッシュ脱毛の場合は一瞬とはいえ60~80度という高熱を発しますが、ハイパースキン脱毛の場合は約36度となっていますのでほぼ体温と変わらないくらいの温度となっています。

ほんのり温かいと感じる程度の熱なので火傷の心配もありませんので施術中に痛みを感じることもありません。
安全性が高いためお子様でも安心して施術を受けることができる方法です。

ハイパースキン脱毛は徐々にムダ毛が減っていくことに加えて美肌効果を同時に得ることも期待できます。
お肌に存在しているコラーゲンを活性化させることが期待できるため、肌質の改善なども合わせて期待できるといわれています。

肝心の脱毛効果に関しては個人差があるようですが、平均して10回くらい施術を行うことで効果を確認することができたという方が多いようです。

 
全身脱毛沖縄ランキングでサロンを比較する