脱毛サロンの全身脱毛は光の熱を利用して体の毛根を焼き休毛させる施術方法です。

光脱毛と呼ばれますが、IPLやSSCなど呼び方は色々あります。

こういったサロンの光脱毛ですが高熱を照射するためお肌にも痛みが走ります。基本的にお肌が厚い部位は痛くない傾向で、皮膚が薄い部位は痛いです。

サロンの光脱毛で特に痛みを感じる部位とは?

全身の中で特に皮膚が薄い部位はデリケートゾーンのvioラインです。

特にiライン周辺は痛身を感じやすく、激痛が走る方もいるそうです。

ある程度身構えて脱毛を受けないとビックリするかもしれません。

そんなに痛いのを12回~18回も我慢するとかムリ・・と思う方もいるかもしれませんが、脱毛は毛が細くなってくると痛みも和らいできます。

iライン周辺はずっと激痛に耐える必要はなく最初の数回のみ痛くて徐々に痛くなくって行くイメージになります。

デリケートゾーン以外では、スネと脇が以外と痛いそうです。
スネは骨に近く皮膚が薄いので痛みを感じやすい方が多いです。

それ以外の部位はチクッとする程度で特別痛いと言う事はありません。

医療レーザー脱毛だとサロンより痛い

医療レーザー脱毛は脱毛サロンの約3倍の脱毛効果があると言われています。

効果があると言う事はそれだけ高い出力で高熱の光を一瞬あてる事になります。
そのため医療レーザー脱毛は光脱毛より痛いです。

効果が3倍だから痛みも3倍という事はないですが、感覚としてサロンより痛いといえます。
特にiラインなどはサロンよりも強く痛みを感じやすくなり。

クリニックではこの痛みに対して麻酔クリームなどでお肌の感覚を鈍らせて痛みを感じにくくしてくれます。
そのため痛みが嫌だからとクリニックを避ける必要はないでしょう。

医療レーザー脱毛を受けるなら痛いのはある程度我慢が必要になりますが、永久脱毛なのでメリットの方が大きいです。

ニードル脱毛はもっと痛い

脱毛サロンの光脱毛は熱い光を使うので痛いのですが、ニードル脱毛はハリをお肌に刺すので光脱毛とは比べ物にならない程痛いです。

まさに激痛が走ります。
思わず痛い!と叫んでしまう方も多いそうです。

ニードル脱毛は施術者の技術が必要なのと、料金が高額な事もアリ現在では取り扱っているサロンがあまりないです。

TBC位なのかもしれません。

しかし、ニードル脱毛は痛いだけではなくて永久脱毛というメリットがあります。また1回で施術した部位は脱毛完了。

光脱毛のように12回以上通うと言う辛抱が不要です。

ニードル脱毛は最も高額で最も痛い施術方法ですが、永久脱毛かつ1回で施術完了というのが魅力です。

特別痛みに弱い方はハイパースキン脱毛を選ぼう

光脱毛やニードル脱毛は痛い部位は痛いです。

どうしても痛いのはイヤ!ムリと思う女性の方は、全く痛くない脱毛方法を提供している脱毛サロンもありますので、そういったサロンを選びましょう。

無痛のハイパースキン脱毛を提供しているサロンは、ディオーネというサロンが有名です。

ハイパースキン脱毛は光を使いますが高熱ではありません。そのためお肌にダメージがなく痛みもなくなります。

ハイパースキン脱毛は発毛するサイクルを計算して、毛の種が発毛する直前に毛の種へダメージを与えるという手法です。

こんなので本当に毛が生えなくなるの?と思うかもしれませんが、実際に効果はあります。vioライン等の施術で痛みがどうしてもイヤと言う方は、ハイパースキン脱毛を選びましょう。

無痛痛みナシの全身脱毛ディオーネ

痛くないハイパースキン脱毛法を提供している敏感肌専門脱毛サロンDione(ディオーネ)は大阪・東京を始め全国120店舗以上の店舗を展開しています。

ハイパースキン脱毛法は、全身脱毛サロンや美容外科クリニックの脱毛法と違います。光やレーザーで毛根を高熱で焼くのではなく、3~4週間に1回「毛の種」に38度の体温と同じくらいの光を当てて発毛を抑える方法です。

そのため、医療レーザー脱毛やサロンの光脱毛ではお肌に刺激が強すぎて脱毛を受けられなかった方も安心して脱毛施術に通えます。

痛みがない。
肌トラブルがない。

ハイパースキン脱毛法は光・レーザー脱毛と比較した時に、この2つの優位性があります。

Dione(ディオーネ)の全身脱毛は全12回コース 360,000円顔ナシ。

料金的には光脱毛よりも割高になってしまいます。
料金の安さを重視する方にはデメリットですが、それでも痛みが全くない脱毛を受けたい方におすすめです。

全身脱毛沖縄ランキング